育毛ケアで遺伝要素は軽減することができるのです

脱毛症の遺伝要素の1つとして、原因物質のDHTを構成する成分の還元酵素であるリラクターゼが生まれながらにして多い体質が言われていますが、他にも遺伝の要素として「感受性」が言われています。つまり、育毛障害になる男性ホルモンに敏感かどうかの性質の遺伝要素が挙げられているのです。還元酵素のリラクターゼと男性ホルモンのテストステロンとが結合した結果、DHTが生まれ、さらに「敏感に反応する感受性」があればAGAを発症させてしまうという訳です。しかし、これは「脱毛しやすい体質が遺伝されてしまう」可能性が高いというだけの話なのです。脱毛しやすい体質を遺伝で受け継いだとしても、生活習慣や食事管理、ストレスのコントロールに細かく気を付けていけば、脱毛の可能性を低くさせることができると理解して下さい。日々進化している育毛の情報を参考にしましょう。そんな育毛に関する色々な情報なら、是非このサイトをご覧下さい。